2012年1月アーカイブ

インターネット・アカデミーは私が通っていたWebスクールで、
卒業しても相談にのってくださるやさしい先生方がいらして
卒業生同志の交流も充実。
伺うたびにエネルギーをいただいています。
ある意味「パワースポット」!

そんなインターネット・アカデミーで、1月21日、
受講生と卒業生のためのセミナー、「BOHR(ボーア)セミナー」の講師を
させていただきました。
テーマは「手軽にできるイラストづくり実践」です。

といっても、さあ、鉛筆を持って似顔絵を描いてみましょう、というものではなく、
アドビのドローソフト「Illustrator」の実践編です。
Illustratorはイラストが描けない人でもイラストがうまーく描ける魅惑のソフト。
だから名前もイラストレーターっていうんです。って昔聞いたことがありましたが、
じゃあ「簡単に」描けるか? というと・・・、そうでもないのです。

特に慣れないうちは、
「使い方がよくわからない。」
「パスが思いどおりに扱えない。」
「イラッとする。」
と、思うかもかもしれません。
でもコツを覚えてしまえば大丈夫。
パスをサクサクと扱えるようになれば
Illustratorが大好きになるはず!......です。......と思います。

そうはいっても、参加される方々のレベルはさまざま、
イラストの好みも違うだろうし、簡単すぎて満足いただけないのも嫌だし...、
どんな実例をあげればいいのか悩みました。
悩みに悩みました。
悩みに悩んで年を越しました。

で、ごくごく簡単なものと、ちょっと難しそうにみえるもの、
試行錯誤し、レシピを完成させました。
いろんな手法を使いつつ、なるべくシンプルな作り方。

実際イラストを作るときは、うだうだとあれこれ悩みながら作るのですが、
一旦レシピとして作り方を明確にしてしまうと早い早い。
こういう作業、大事なんだなと気付きました。
インプットするだけじゃなく、アウトプットすること。
私自身とても勉強になった今回のセミナーでした。

10年前にこんなセミナーあったら受けたかったです。
自分で言うのもなんですが!



当事務所、クミシミデザインのサイトのトップページには
「ココロつなぐデザイン」そして、毛糸で「Wellcome」という文字が現れるのですが、
なんと、スペルが間違っていました。
問合せフォームからご連絡いただいた方、ありがとうございました!!
ご連絡先がなかったのでこの場でお礼申し上げます。

まさに、ご指摘を受けるまで気付かぬ始末。
「Welcome」でした。LLでなくてL。

中学生以下の英語力を露呈した次第です。赤面。
というか、中学生の頃だったら間違えることなく、
逆にこういう間違えする人を白い眼で見てたクチだったかもしれません、私。
明日は我が身。人を軽率に非難するのはやめよう。
あ、またそんな都合のいい結論を導き出してしまった。

で、すぐにでも直したいところなのですが、
いかんせん、フラッシュアニメーションになっていまして、
まとまった時間がないと直せません・・・というわけで
しばらくこのまま放置しますがご容赦を。

常日頃、記述する単語のスペルは辞書で調べながら
間違いのないよう作業しているのですが、
自分のサイトということで、気が緩んだのかもしれません。
気付いていたら、「L」ひとつぶん作る手間が減ってたのですねえ。
むしろ修正が増えて手間が倍増してしまった。ああ。

以後気を付けます。


実は私はひそかに象好きで、もちろんリアルなアフリカ象とかナウマン象とかではなくて、
かわいいっぽい象のほうなんだけれど、
ちっちゃいマスコット的ないろいろの象コレクションがあります。
そこに象コレクション2012として加わった仲間を紹介します。
テケテーン。
加わり、そして消えてゆく運命なのだけれど。消耗品なので。

zo.jpg

ベルギーとイギリスのお土産です。
紅茶とチョコと紙ナプキン。
かわいいなあ。

紙ナプキンはパウチして下敷きにするとか!
消耗品としての紙ナプキン人生以外に生き残る方法を模索してみたい。



お鍋のあとのおじやがウマイとか、よく言います。
おじやが楽しみでそのために鍋をする、とまで言う人も世の中にはいるわけで。
でも、実際は鍋の後なんてお腹いっぱいでそんなに食べられないし、
逆立ちするほどうまいってほどでもないだろうと思っていました。
昨日までは。

この私にして逆立ちしてもよいと言わしめるおじやと出会ってしまいました。
はじめて食べた!はじめて食べた!こんなおいしいの。
胃袋がはちきれたっていいさ、ずっと食べ続けていたいのさ。

かくして、死ぬ前になにかひとつ食べられるとしたら何がいいかと、
実際今まで聞かれたことはありませんが、私の答えは決まりました。

でも作った本人いわく「二度とおなじものは作れないかもね」だって。
ごむたいな。
食わせてけろ~!



nabe.jpg
いかん、食べ終わる前におじや様の記念写真を!
というわけで、こんな写真。

なんといっても鮟肝が入ってたのがおいしかったのです。
あと、牡蠣とカニ。
鼻血が出そうなとりあわせです。







an.jpg

冷蔵庫に入れてはあるものの、そろそろ食べてしまわないとカビてくる恐れのあるお餅と、
賞味期限ぎりぎりの仙台土産のずんだ、
賞味期限はよくわからないけど、年の暮れに届いた小豆あん。

早く食べてしまわないといけないからこその
たっぷりぜいたくな仕様です。



『コンビニのプリンとシュークリームを食べるのなら、
トロワグロのケーキをひとつ買いなさい。』
by 私。

何様のつもりだ、って話ですが。
格言の一つも言いたくなるほどおいしかったので、ついつい。えへへ。
手帳にメモしておこう。(なんのために。)


troisgros.jpg

「ケーキを買って家に帰る」っていうのは、ひとつの幸せなんだけど、
感動的においしいケーキなら、なおさら。

あ、ちがった。このケーキ、
「買った」んじゃなくて、「買ってもらった」んだ。
もっと幸せだわ~い。



京都弾丸旅行番外編

| コメント(0) | トラックバック(0)
京都の旅のメインは瀧尾神社だったので
そのほか雑多なことを。

出発は朝8時前の新幹線こだま。
東京から小田原あたりまでは、ゆるゆるお弁当タイムです。
やさいたっぷり幕の内。
煮物たっぷりでおいしかったです。アンド、朝からビール。
旅には欠かせないであります!

bento.jpg



瀧尾神社をお参りしたあとは、伏見稲荷へ歩いていけそうだったので
てくてくと歩いていってみることにしました。

30分ほど歩き、伏見稲荷に近づくとどっと人が増えてきました。
ここはさすがに初詣客で混んでいそうです。
しかしお参り前に、店頭でトリやウナギを焼いている匂いにつられて「祢ざめ家」へ入店。
ちょうどお腹もすいてきたころです。


uzura.jpg
名物らしきうずらの串焼き。
串にかじりつくのかと思っていたら、すでに切られて登場。
骨をガリガリ食べるかんじ。
話のタネに一度食べとくのもいいか・・・、というかんじ。
タレがおいしい。


soba.jpg
にしんそば。
そばはやっぱりねえ・・・。
にしんがおいしい。



inari.jpg
そして伏見稲荷への道は遠く・・・。
でも満腹だとこんな人ごみでもおおらかな気持ちで挑めるというもの。
しかし、一杯飲んでからお参り。っていいのかなあ?
お正月だから、しかたがない!



inari02.jpg
伏見稲荷といえば長く続く鳥居。
この中も人の波に流されつつ。
またゆっくり参拝したいものです。

この後、まだ時間が余ったので西本願寺にお参りして、
駅ビルで食事。
京都の一日を満喫して帰ったのでした。




fuji.jpg

謹賀新年。

元旦は新幹線のお得な切符で、京都へ行ってきました。
写真は元旦の富士山デス。お正月にふさわしく。
ぱんぱん!よい年でありますように!
つい拝みたくなるのはなぜ。


元旦限定の切符なのでもちろん日帰り、弾丸旅行です。
この元旦旅行、ちかごろ毎年恒例で京都のほかに大阪、伊勢、
仙台、青森などへも行ったのですが、
いかんせん元日は開店しているお店が少ない。
イコール、おいしいものが食べられない! ということになり、
京都の寺社にお参りというのがベストである、と結論しました。

京都だって、JR伊勢丹も、他の行きたいお店もほぼ100パーセント休業中だけど
そこはそれ、そんな物欲にうかれたりせずにひたすら寺社めぐりに一日を費やす。
潔し。私の2012。
来たれ幸運!

今年は、見事な木彫りの龍がいるという瀧尾(たきのお)神社にターゲットを絞りました。
ほとんど知られていない穴場だと、テレビでやっていたのです。

テレビに流れちゃってる時点で穴場じゃなくなっていやしないか・・・。
そんな気が大いにしましたが、調べると京都駅から一駅の東福寺駅からほど近く、
日帰り旅行にはうってつけ。
なんでも、大丸の創業者が瀧尾神社にお参りし続けて繁盛したのだとか。
商売繁盛。
今年私が求めるものはまさにこれ。行くしかないね。

ネットで見たかぎり、住宅街のこじんまりした神社らしかったのですが、
なんと、新幹線に乗ってみたら、車内誌に見開きで紹介されているではありませんか!
メジャー感まるだし?
まずい・・・混み混みの予感。
一抹の不安と焦り。

はたして瀧尾神社についてみると、うわあ、拝殿に人ごみが!
いかん遅れをとった!
と、最初一瞬焦るのはなんなんでしょうね。
拝殿にいたのは10人程度。それもずっと混んでいるわけじゃなくて、さーっと人がいなくなるときもあるし、
なにも慌てることは全くないっていう人口密度。落ち着いてみんな!私か。

takinoo01.jpg
行列することもなく、すんなりお参り。
家内安全!商売繁盛!ニャムニャム・・・。



ryu01.jpg
これが拝殿の天井の龍。
空を泳ぐようになめらかな曲線。
こじんまりとした拝殿ですが、龍はかなり見応えあります。



ryu02.jpg
龍の顔のアップ。大きいです。
さわってなでたくなります。(だめです!そもそも手が届きません!)
ひげとか、うろことか、職人魂を感じるすばらしさ。



takinoo02.jpg
これはゾウさん。
ゾウさん、というようなかわいさ皆無の目つき。たまらん。


瀧尾神社についての情報はあまり多くないのですが
伊藤久右衛門のサイトがわりとよかったかと。
http://www.itohkyuemon.co.jp/site/kyoto/tuu161.html

以前宇治に行ったとき、伊藤久右衛門でお茶しましたが
サイトに観光情報が載っていることは初めて知りました。
なかなかコラムが充実しているみたい。